彼女より風俗嬢が好きなんです

どんな情報をチェックするかです

風俗の情報をチェックしておくことは大切ですけど、「風俗の情報」もたくさんあるんです。決して一つだけではないですし、それこそこだわりだしたら風俗に関する情報はたくさんありますので、短時間では情報収集もおぼつかないんじゃないのかなと思いますよ。だからこそ、自分がどういった部分にこだわりを持っているのかくらいは漠然とでも良いのでイメージしておくべきですよ。こだわりを持つということなのかもしれないんですけど、それらの情報をしっかりとチェックしておくだけでもやっぱり全然違う展開になるのは間違いないんです。結局は自分がどれだけのことを出来るのかという点にかかってくると思うんですけど、そういったことを意識しておくだけでもやっぱり全然違うも情報の集まり方そのものが変わってくると思いますので、しっかりとチェックするのであれば、自分のこだわりに関する情報をチェックすべきかなって思いますし、自分もそう心掛けています。

褒める方が得策だからこそ

腹黒いとかじゃなく、やっぱりある程度風俗嬢とどんな展開になるのかはシミュレーションしたうえで、褒めるのが得策だなって思って褒めるようにしています(笑)人間褒められた方がモチベーションが高くなる方が多いと思うんですけど、ましてや風俗嬢は褒められて伸びると言うか、おだてに弱いタイプが多いような気がするんですよね。だからこそ、風俗で遊ぶ時にはどんな相手であれ、そしてどこかしらを褒めるようにしていますけど、それで常に楽しい時間を過ごすことが出来ていますので、満更でもないんじゃないのかなって思いますけどね。むしろそれが自分の中でとてつもなく楽しい時間を過ごす竹のものをもたらしてくれると言うか、風俗は相手の女の子とのコミュニケーションだって楽しさの一つだと思うんです。他愛のない話でも、裸同士だからこそ楽しい部分もあると思いますので、それはそれで決して悪いものではないんじゃないのかなって思いますけどね。

意外な人が目の前に登場した

風俗嬢を呼んだら知り合いだった。そういったシチュエーションは風俗の体験談では割と見かけますけど、それは体験談と言ういろいろな声が集まっている場所だからこそ見かけるものであって、実際に風俗で遊んでいる人は体験談に投稿している人の何十倍、何百倍。ともすればそれ以上いるので確率的にはかなりレアだと思うんですけど、自分もこの前やってきた風俗嬢が知り合いと言うシチュエーションに遭遇しました。相手は同じ会社にパートで来ている人妻だったんです。かなり美人だとは思っていましたけど、まさか風俗で働いているとは思っていませんでしたので、さすがにちょっと気まずい雰囲気になりましたけど、でもあれこれ詮索するのは申し訳ないだけに、とりあえず彼女のボディを堪能させてもらいました。前々から美人だなとは思っていましたけど、体も全然崩れていないしで最高でしたね。それ以来も職場で会いますけどついつい裸を思い出しちゃうのは仕方ないでしょう(笑)